メンズ

腰痛の改善法を大公開|頑張るあなたに微笑みを

安眠で心身共にリラックス

枕

快適な睡眠に良いと言われるのが雲のやすらぎという布団です。住んでいる人数によってシングルかダブルのどちらがお得かを考えましょう。また事前にどこにどうやって置くかのイメージも大切です。長く使うなら、まめに陰干しを行い寝る度に頭の位置を変えていけば負荷が均等にかかるので持ちが良くなるメリットがあります。

もっと知ろう

痩せにくい体質を改善

下着

ラクシーは筋肉をほぐすことで骨盤矯正してくれる下着です。締め付け感がないので履き続けるのが楽な上、内臓の働きが良くなったり骨盤周りの血流が良くなるので痩せやすい体質になれます。また見た目がおしゃれなので人に見られても安心な上、価格もリーズナブルで洗い替え用も購入できます。

もっと知ろう

女性でも急増している

横になる男性

いびきを治すために専門の医療機関に診察してもらう人が増えています。特に女性は仕事のストレスや飲酒が増えているため顕著です。また女性には閉経によって女性ホルモンの分泌が低下することで、引き起こされる可能性も高いです。

もっと知ろう

悩んでいる人が多い

シニア男性

どのような人に多いのか

腰痛で悩む人は多く、国民病ともいわれています。腰痛の原因は、脊椎の第4、5腰椎に問題があるケースがほとんどです。腰椎の中でも負担がかかりやすいといわれています。腰痛になりやすい人は、立ち仕事をしている人、座りっぱなしの仕事の人です。座りっぱなしは楽なようですが、立ちっぱなしよりも腰への負担が大きいといわれています。また、前傾姿勢をとることが多い人も腰痛になりやすいです。主婦の人は、掃除機をかけるときや食器を洗うときなどに前傾姿勢になりやすいため注意が必要です。重い荷物を持つことが多い人も腰痛になりやすいです。荷物を持つときに前傾姿勢で中腰になると、最も腰に負担がかかるといわれています。重い荷物を持つときは、腰に負担がかからないような姿勢をとることが大切です。

どうすればよいか

ぎっくり腰になったことがある人も多いのではないでしょうか。ぎっくり腰は、普段の生活の中で筋肉の疲労がたまってしまうことで起こります。本来なら運動や睡眠で回復するのですが、運動不足や睡眠不足により十分に回復することがなく蓄積してしまうのです。また、片方にかばんをかける癖があったり、片方の足に体重をかける癖があるなどにより骨格が歪むことでも腰痛は起こりやすくなります。このようなつらい腰痛を治す改善法はどのようなものがあるのでしょうか。腰痛の改善法として、まず少しずつでも動かすことが大切です。痛いので安静にしようと思う人が多いのですが、動かすことで回復が早くなります。動かさないと、より腰周りの筋肉がかたまってしまいます。ぬるめのお風呂につかり温めることも有効です。温まったところでストレッチをすることも良い改善法です。よく使用しがちなコルセットは、使いすぎると腰の筋力が低下してしまうので一時的な使用にとどめるようにしましょう。これらの改善法を試しても良くならない、また痛みが増すようであれば病院で診てもらうようにしましょう。

Associated Link

Copyright© 2015 腰痛の改善法を大公開|頑張るあなたに微笑みをAll Rights Reserved.